行動に

絵画教室を探す前に、再度自分自身に確認した。

仮に、先生が女性で自分より年下でも師事できるか?

自分よりも年下の人たちの中で学ぶことが出来るか?と。夢を追求するには、屈辱感などは忘れ去らなければならない。

そのようなものに囚われていると、身動きできなくなる。大丈夫だ。このまま夢をうしなったまま人生を終えることの方が、俺には怖い。

授業料、材料費は、居酒屋通いとタバコを止めればなんとかなる。これらを止めた方が、健康にも良い。

今日も、インターネットで自宅から通える範囲のカルチャーセンターや個人の絵画教室を検索した。日本画教室、やはり洋画と比べて少ない。まず、先生の作風を知ることから教室選びだと思う。

自分が気に入らない絵を描く先生に師事しても続くはずがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です