始めての教室

今日初めての日本画教室だった。

 

花、水仙のスケッチから色紙の絵を仕上げるというものだった。

 

時間は、2時間。

2時間もあれば充分仕上げることが出来ると思っていたが、

とんでもない思い上がりだった。

 

水仙をスケッチするのも大変なことだった。思うように線が描けない。

 

水仙の花、一輪を描くのも大変難し。

 

1時間かかってなんとか、一輪の水仙を描くことができた。

残りの時間が少なくなってきたので、先生にスケッチを見てもらった。

見てもらうのが恥ずかしいようなできだった。

 

 

先生のコメントは、絵には優劣はない、ただ個性の相違が絵に現れてくるだけだそうだ。

慰めでも、嬉しい言葉だ。

そして、先生はお手本として、あと水仙を2輪と葉を加えてくれた。

 

役立つショートカット、[Shift]+矢印で文字選択。