すみれスケッチに

 

見つけた庭のすみれが気になる。

庭に出て、煉瓦に座り込みスケッチしてみた。

 

これが、またまた大変だった。

無残な結果に終わった。

 

しかし、もう一度挑戦してみるつもりだ。

水仙よりもすみれ、小さいからスケッチする大きさの調整が難しい。

 

これは、構図の問題になるのか?

これも、先生に聞かないと駄目だ。

 

分からないことだらけだ。

すみれ、花も少ないと思ったので付け加えた。

 

一番難しいのは、すみれの花の色だ。

濃い青紫。

 

この色は、顔彩ではない色だろう。

 

しかし、すみれ、煉瓦の隙間でも花を咲かすんだ。

けなげな花だ。

 

水仙も良い花だが、すみれもいじらしい花だな。

こんな気持ちになるのも、絵を始めたお蔭だ。

 

以前なんか、すみれが咲いていることにも気がつかなかったし、

「けなげ」「いじらしい」花という気持ちもわかなかった。